« 特撮博物館 | トップページ | BB戦士ドラゴンガンダム »

2012年9月25日 (火)

AGE-2ダークハウンド アルティメス Ver.CS

P1110071

ガンダムAGE-2 アルティメス改造ウェアキット使用 なんでもアルティメスコンテスト
上記のコンテストに応募する為に製作しました。
読者投票も行なっているので、よろしければそちらも宜しくお願い致します。

ガンダムAGE-2ダークハウンドに、電撃ホビーマガジン付録のアルティメスウェアを組み込み
オリジナルカラーで塗装したものです。

ガンダムAGEは正直、ストーリーに全くのめり込めず
プラモも欲しいと思うような物が無かったのですが、AGE-2ダークハウンドだけは妙に心惹かれ
電ホビ付録のアルティメスウェアのデザインに一目ぼれしたこともあり
気になったときが作り時かなと思って勢いに任せて製作いたしました。

以下、画像など・・・

P1110054

ダークハウンド・・・分かりやすく、そして俗っぽくカッコイイデザインです。
ただ、そのまま作ったのではオリジナリティに欠けます。
デザインをキープしたままオリジナリティを出すと言えば、カラーバリエーション!

海賊モチーフで何か面白いネタは無いかと思案したところ、
某・海賊戦艦の勇者ロボを思い出し(頭部の意匠も被っていますし)
それにアルティメスウェアを組み込んで製作いたしました。

P1110061

特別な改造は施していません。
アルティメスウェアにポリキャップを仕込んだり、パーツ分割を変更、肉抜き穴埋めなど
電ホビに掲載されていた工作を施したのみです。

P1110046

ネット上で散見されるAGEプラモの楽しみ方の一つとして、
色変えや改造などで、別の機体、キャラに見せるというトレンドが感じられたのですが
自分も機会があればやってみたいと思ったのが、製作動機の一つです。

P1110080

ダブルバレットのキャノンを装着する箇所に、アンカーのグリップを切って接着。
本来はアルティメスウェアを組み込むと、アンカーは行き場を失ってしまうのですが
ダークハンドという機体の記号みたいなパーツかなと思い、組み込むことにしました。

P1110083

P1110050

P1110044

P1110088

そして変形も・・・

P1110076

アルティメスウェアの機首が、某勇者ロボの戦艦モードの機首に見立てられそうだったのも
このカラーリングにした理由です。
けっこうそれっぽくなったなぁと思うのですが、いかがでしょう?

P1110090

塗装はネタ基にオマージュしてメタリック塗装を敢行。
●本体青 : Mr.カラー・インディブルー ⇒ Mr.クリスタルカラー・サファイアブルーでコート
●本体赤 : Mr.メタリックカラー・GXメタルレッド
●本体グレー・関節 : Mr.カラー・エアクラフトグレー
●金 :Mr.カラースーパーメタリック・スーパーゴールド
●武器等 : Mr.カラースーパーメタリック・メッキシルバー

タミヤ・エナメルカラーのダークグレーでスミ入れ

一つのキャラクターを全く別のキャラに見立てて製作する手法は、
SDガンダムを作ってきて養ったノウハウが活かせたかなと思います。

AGEはこういう見立て改造を行なうのに最適な題材なのかな。
機会があればまた製作してみたいですね。MGでもダークハウンドは出るようなのでw

|

« 特撮博物館 | トップページ | BB戦士ドラゴンガンダム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194724/47210379

この記事へのトラックバック一覧です: AGE-2ダークハウンド アルティメス Ver.CS:

« 特撮博物館 | トップページ | BB戦士ドラゴンガンダム »